傷と治療の知識

傷についてもっと詳しく

皮膚の再生医学

■培養皮膚の夜明け

ボストンにあるマサチューセッツ工科大学の研究室で、試験官内での細胞培養に没頭していたグリーン博士は、顕微鏡下で、ある日奇妙な現象に気が付きました。

表皮細胞が、混在した繊維芽細胞に排除されずに、元気よく増殖しているのです。

元来繊維芽細胞は増殖能が旺盛で、他の細胞を押さえ付けて自分だけ増え続ける傾向があります。

表皮細胞の培養のため。皮膚を表皮と真皮にわけて、表皮細胞だけを採取したつもりでも、繊維芽細胞を完全に取り除くことは容易ではありません。その際、僅かながら混入する繊維芽細胞が表皮細胞を圧迫し、駆逐してしまうことが、此れまで表皮細胞の培養を難しくしてきましのです。

しかしこの時グリーン博士の使った繊維芽細胞は、正常の皮膚由来のものではなくて、ネズミの腫瘍から取れた3T3と呼ばれる特別のものでした。

更に分かったことは、3T3は表皮細胞の生育の妨げにならないだけでなく、積極的に其の増殖を支えるということでした。

次に博士がしたことは、あらかじめシャーレの表面を3T3細胞で埋め着くし、それに放射線をかけるか又は制がん剤を加えて分裂を止めておきます。其所へ表皮細胞を播けば、3T3のシーとの上で表皮細胞だけが増殖し、やがて3T3は分裂を続ける表皮細胞に押しのけられ、表皮細胞のみの培養ができあがります。此れに使われた3T3はフィーダーレイヤー、サポート細胞層と呼ばれるようになりました。

更に実験を進めると、人間の表皮細胞も、3T3を使えば培養が可能なことが分かってきました。 その後博士等のグループは培養条件の改良を重ね、切手大の皮膚から三週間でほぼ三千倍の表皮のシートを培養で造りだすことに成功しました。

198?年、此れが州の重症の火傷の少年に用いられ、98%の熱傷患者を救うという画期的な成功につながることになります。それまでは90%以上の熱傷の救命率はゼロだったのです。

此れをきっかけに培養皮膚の研究は全世界で行なわれるようになり、表皮だけのシートでなく真皮層を組み合わせたものや、遺伝子操作を行った細胞を組み込んだり等多方面に発展し、話題の新分野、再生医学の最先端となりました。

ところで再生医学という言葉は最近の流行ですが、簡単に言えば、「人工物で造った骨組みに患者の臓器からとった細胞を播種し、培養して、臓器の原型を作り、それを又本人にもどして臓器を造らせる」、という手法です。

つまり、肝臓なら肝臓、皮膚なら皮膚といった臓器を、体外で構築して移植するわけです。

これなら、他人の臓器を移植する同種移植と違い、拒絶反応もなければ、ドナーを探す苦労もいらない、ということで、今後急速な発展が期待される分野です。数年前に、?という学会も誕生しました。

現在実用化がもっとも進んでいるのが皮膚ですが、軟骨そして関節なども研究が進んでいます。

このような再生医学の手法で、他人の皮膚細胞を使った培養皮膚の作成も盛んになってきました。患者本人の細胞から作られた培養皮膚は永久生着しますが、他人の細胞から造ったものは、当然のことながら永久生着にはいたりません。しかし、生着はしなくても、同種の培養皮膚も大変重要な役割を果たせます。

それは、自家培養皮膚は作成に時間がかかるので、それまでのつなぎになるのです。通常広範囲の熱傷のときには、大量の他人の皮膚が一時的なカバー材としてつかわれます。しかしドナーが足りない為、他人の皮膚を貯蔵しているスキンバンクは供給が追いつきません。将来は、同種の培養皮膚でその不足を補えるようになるでしょう。

また肉芽の上がりの悪い慢性の潰瘍面を、同種培養皮膚で覆うことで表皮化をうながし、又、移植した皮膚の着きをよくすることも可能です。

  1. トップページ
  2. 創傷治癒センターとは
  3. 傷の悩み 無料相談
  4. 創傷治癒よくあるご質問

傷についてもっと詳しく

  1. 傷跡を消す
  2. 褥瘡(床ずれ)
  3. 湿潤創傷治療
  4. 下腿潰瘍
  5. スカーレスヒーリング
  6. 皮膚の再生医学
  7. ストーマケア

医療機関のご案内

創傷治癒に関わる専門の医師がいる医療機関のご案内です。

  1. 塩谷理事長のブログ
  2. 傷の悩み 無料相談
  3. 医療機関のご案内

医療関係者向け情報・相談コーナー Web会員限定の製品情報や相談閲覧にはパスワードが必要です。

  1. リンク
  2. 施設紹介

ページトップへ