傷と治療の知識

傷についてもっと詳しく

  1. 治療用具・材料

創傷被覆材

モイストウンドヒーリング(湿潤環境下の創傷治癒)のコンセプトにより、傷のケアは根本的に変わりました。

又、このコンセプトに基づいて、この40年の間にさまざまな創傷被覆材が誕生しました。

傷のタイプと状況に応じ、それぞれに最も適したものが考案された為、あまりにもバライァティに多すぎて、使う側としては戸惑いを感じます。

しかし、基本的なコンセプトをしっかり押さえておけば、だれでも上手に使い分けできるはずです。

その基本的なコンセプトとは

  1. ほとんどの傷は、湿った環境の方が治りがよい。
  2. ということは、傷には自然に染み出してくる、いわゆる浸出液があるので、それを温存したほうがよい。
  3. つまり、刺激のないフィルムで覆う、すなわち、閉鎖することである。このフィルムは防水が目的であるが、ある程度の水蒸気透過性は必要である。
  4. 閉鎖することは、同時に、浸出液の中の創傷治癒に役立つ化学物質を逃さないことにもなる。
  5. こうして、肉芽組織の形成と表皮化の促進を図る。
  6. ただし、感染があったり、死んだ組織いわゆる壊死組織があれば、その除去が先決である。

傷のタイプの違いは別に述べたとおりですが、大別すれば次のようです。

  1. 熱傷創
  2. 褥瘡
  3. 下腿潰瘍

傷の状態として区別が必要なのは

  1. 急性か慢性か
  2. 感染があるか
  3. 壊死組織があるか

この二つを軸にして、それぞれに適当な被覆材を使い分けることのなります。

現在は、コンバテック、スミスアンドネフュー、ジョンソンアンドジョンソンなど、大手のメーカーでは、自社製品でこれらを網羅し、一つのシステムを作っていますので、それにしたがって、切り替えていけばよいのです。

ひどく面倒なようですが、実際はそれほどでもありません。

一番気をつけなければならないのは、感染、壊死組織があるときの特別な処置で、それ以外はとりあえず、どの被覆材を使っても大過はないと言えます。

ここにその一例として、コンバテックの場合を取り上げることにします。

  1. トップページ
  2. 創傷治癒センターとは
  3. 傷の悩み 無料相談
  4. 創傷治癒よくあるご質問

傷についてもっと詳しく

  1. 傷跡を消す
  2. 褥瘡(床ずれ)
  3. 湿潤創傷治療
  4. 下腿潰瘍
  5. スカーレスヒーリング
  6. 皮膚の再生医学
  7. ストーマケア

医療機関のご案内

創傷治癒に関わる専門の医師がいる医療機関のご案内です。

  1. 塩谷理事長のブログ
  2. 傷の悩み 無料相談
  3. 医療機関のご案内

医療関係者向け情報・相談コーナー Web会員限定の製品情報や相談閲覧にはパスワードが必要です。

  1. リンク
  2. 施設紹介

ページトップへ