傷と治療の知識

治療に関わる方のために

治療用具・材料、施設紹介、用語集をご紹介します。

  1. 用語集
アテロコラーゲン アテロコラーゲン Atelo-collagen
  コ ラーゲンには、多数の種類が存在するが、動物の結合組織を構成する重要なものがⅠ型コラーゲンである。アミノ酸が約1000個連結された分子が3本より合 わさった構造をとる。この3重らせん構造の両端には数十個のアミノ酸からなるらせん構造をとらない部分が存在する。この部分をテロぺプチドとよぶ。3重ら せん構造の部分のアミノ酸配列は、動物種間において大きな相違が存在しないが、テロぺプチド部分のアミノ酸配列は、動物種間において異なる。それゆえ、こ の部分が抗原決定基となり免疫拒絶反応を惹起する。このテロぺプチドをタンパク質分解酵素処理により除去すると免疫拒絶反応が著しく軽減される。コラーゲ ン(collagen)のテロぺプチドを無くした(Atelo-)という意味で「Atelo-collagen」とよぶ。
アルギン酸塩ドレッシング アルギンサンエンドレッシング Alginate Dressing
  海藻から抽出された成分で造られた創傷管理、特に滲出液の管理を目的として使われる被覆材。
エアーマットレス エアーマットレス Air mattress
  空気の入った筒状のセルを20数本並べてベッド上に敷いたもので、褥瘡予防のために使用する。
栄養 エイヨウ Nutrition
  創傷が治癒するために必要な栄養素には、蛋白質、ビタミン、微量元素などが含まれる。
MRSA エムアールエスエイ MRSA (Methicillin-Resistant Staphylococcus Aureus)
  メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
壊死組織 エシソシキ Necrotic Tissue
  身体組織の一部が血流障害によって栄養や酸素が不充分となり、乾燥、壊死(死滅)に陥った組織のこと。
炎症 エンショウ Inflammation
  身体の一部に細菌や異物が侵入した結果、排除しようとしておこる組織の反応。
炎症期 エンショウキ Inflammatory Phase
  損傷に対する初期の応答。一時的な血管収縮、血管拡張、浮腫、白血球の受傷部位への遊走およびその後の抗感染活動からなる。
汚染 オセン Contamination
  創傷部位における細菌のコロニー形成過程。異物が多く存在した状態。
角化細胞 カクカサイボウ  
  皮膚の表皮は最下層から最上層にむけて基底層、有棘細胞層、顆粒層、透明層、角質層の5層から構成されている。基底膜上に存在する角化細胞が増殖と分化を繰り返して最上層へと移動する。それゆえ、表皮の再生には必要不可欠な細胞である。
下腿潰瘍 カタイカイヨウ Leg Ulcer
  下肢の部分に発生した潰瘍で、静脈性鬱血性潰瘍等がある。
痂皮 カヒ Eschar
  滲出液や組織が乾燥し、創の表面で固着した状態。
乾癬 カンセン Psoriasis
  表皮の増殖と炎症が主徴で、銀色の鱗屑の付着が認められ痒みがある。
感染 カンセン Infection
  紅斑、膿、壊死組織、発熱、白血球数増加、疼痛のうち1つ以上の徴候があり、臨床的に明らかな病態。
血管新生 ケッカンシンセイ Angiogenesis
  新しい肉芽組織の中に発生した毛細血管。
拘縮 コウシュク Contraction
  創の治癒過程で瘢痕が形成され、収縮し固定した状態。
骨突出部位 コツトッシュツブイ Bony prominence
  仙骨部や腸骨、踝部(くるぶし)など骨が突出し、圧迫を受けやすい部位。
サイトカイン サイトカイン  
  挫滅した組織の修復には、創周辺から炎症部位へ細胞を呼び寄せる走化性因子が重要であり、さらに呼び寄せた細胞の増殖を促進する細胞成長因子が重要である。これらの生理活性物質をサイトカインとよぶ。 6,生物学的創傷被覆材,セイブツガクテキソウショウヒフクザイ,,創傷面を被覆保護して治癒を促進するものを一般的に創傷被覆材とよぶ。材料に細胞を組 み込んで、細胞から産生されるサイトカインにより治癒を積極的に促進するものを従来の創傷被覆材と区別して生物学的創傷被覆材とよぶ。
採皮創 サイヒソウ Donor site
  植皮術で移植する皮膚を採取した部分の創。
殺菌(滅菌) サッキン Sterilization
  病原性微生物を死滅させること。
湿潤環境 シツジュンカンキョウ Moist Environment
  創面を湿潤に保ち、細胞が遊走しやすく創傷の治癒を促進する環境。
除圧 ジョアツ Pressure Release
  褥瘡を予防するため骨突出部の圧を取り除くこと。
消毒 ショウドク Disinfection
  病原性微生物を死滅させるが、非病原性菌の残存はある状態。
上皮形成 ジョウヒケイセイ Epithelialization
  上皮細胞が治癒期に創傷表面を遊走して増殖する状態。
静脈性潰瘍 ジョウミャクセイカイヨウ Venous ulcer
  静脈の環流不全の結果浮腫が生じ、さらに潰瘍に至った状態。
褥瘡 ジョクソウ Pressure Ulcer
  圧迫による循環不全から、組織の栄養や酸素が欠乏し発生した損傷。褥創とも表記する。
植皮 ショクヒ Implantation
  損傷部位修復のため、身体の健常な組織の一部を移植して治癒へ導く治療法。
滲出液 シンシュツエキ Exudate
  血管透過性亢進の結果、創傷に集まる液体。
3T3 feeder layer   3T3 feeder layer
  3T3 細胞は、マウス皮膚由来の線維芽細胞でライン化されたものである。この3T3細胞に所定量の放射線を照射したり、所定量のマイトマイシンで処理すると分裂 能を失う。このような処理をした3T3細胞は、ヒト角化細胞の増殖を促進することが可能であり、角化細胞に対する「細胞支持層」として作用する。それゆ え、feeder layerとよばれる。
ずれ ズレ Shear
  隆起した骨が下層の皮下組織を押し付けながら動く場合に生じる力。その結果として起こる損傷が褥瘡形成の一因となる。
成熟期 セイジュクキ Maturation phase
  治癒の第?期(最終期)。正常な運動負荷に耐えられるまでに瘢痕組織が再形成され、強化されるには数年を要する。
線維芽細胞 センイゲサイボウ  
  皮 膚の真皮には、コラーゲンや多糖類からなる細胞外マトリックスに線維芽細胞が接着して存在している。このマトリックス内には、血管網やリンパ管が存在して いる。皮膚が損傷をうけた際には、線維芽細胞が細胞外マトリックスを産生することにより真皮様構造を再建する。それゆえ、深達性の皮膚欠損の再建には必要 不可欠な細胞である。
全層創傷 ゼンソウソウショウ Full Thickness Wound
  真皮から皮下組織まで広がった組織障害。
創傷 ソウショウ Wound
  外的、内的原因によって発生した皮膚の損傷。
創傷被覆材 ソウショウヒフクザイ Wound Dressing
  創傷をカバーし、外力から保護する材料で、多種類ある。被覆材、ドレッシングとも言う。
増殖期 ゾウショクキ Granulate Phase
  治癒の第?期。血管新生、肉芽組織形成、および上皮形成がみられる。
体圧 タイアツ Body Pressure
  皮膚表面がベッドなどに接触している部分にかかっている圧力。
大転子 ダイテンシ Trochanter
  腸骨よりやや臀部よりに位置する骨突出部で、褥瘡好発部位である。
デブリードメント デブリードメント Debridement
  異物、汚染物質、壊死組織を除去すること。デブリードマンとも言う。
糖尿病 トウニョウビョウ Diabetes
  代謝性疾患で糖を分解するインスリン分泌不全によって、尿糖などを生じる疾患。
糖尿病性潰瘍 トウニョウビョウセイカイヨウ Diabetic Ulcer
  糖尿病患者にみられる下肢や足部のできる潰瘍。
ドレナージ ドレナージ Drainage
  体内から滲出液等を体外へ誘導すること。
肉芽組織 ニクゲソシキ Granulation Tissue
  ピンクから赤色の湿潤かつ脆弱な結合織で、治癒増殖期に開放創床を充填する。
熱傷 ネッショウ Burn
  高温の湯や火によって生ずる皮膚損傷。やけど
ノウ Pus / Eiter
  大食細胞や好中球によって貪食された細胞や細菌の残骸。
ハイドロゲルドレッシング ハイドロゲルドレッシング Hydrogel Dressing
  親水性ポリマーが架橋を形成し、その中に水分を多く含むゲル状の被覆材。壊死組織の自己融解、治癒を促進する。
ハイドロコロイドドレッシング ハイドロコロイドドレッシング Hydrocolloid Dressing
  親水性コロイド、疎水性ポリマー、防水性外層からなる被覆材で、湿潤環境を維持し、治癒を促進する。
瘢痕 ハンコン Scar
  潰瘍が結合組織性肉芽により治癒した状態。
皮膚潰瘍 ヒフカイヨウ Ulcer
  皮膚真皮を越えた損傷。
びらん ビラン Erosion
  基底層までの剥離欠損した状態。
フィルムドレッシング フィルムドレッシング Film Dressing
  主にポリウレタンフィルムで造られ、酸素と水蒸気を通す半透過性の透明フィルム。
浮腫 フシュ Edema
  血流の鬱帯により、血管外へリンパ液や蛋白などが流出し組織間に貯留した状態。
部分層創傷 ブブンソウソウショウ Partial Thickness Wound
  真皮層までの損傷をさす。
閉鎖性ドレッシング ヘイサセイドレッシング Occlusive Dressing
  創面全体を覆い、酸素透過や細菌侵入を防ぐ被覆材。ハイドロコロイド材料などがある。
ポケット ポケット Undermining
  一般に損傷部位が皮膚表面の下にトンネル状になって範囲が広くなっているもの。
発赤 ホッセキ Redness
  圧迫を受け、組織に血液が充満し赤くなっている状態。
摩擦 マサツ Friction
  皮膚と寝具やシーツがこすれること。表皮の擦過傷を起こし、褥瘡形成の一因となる。
  1. トップページ
  2. 創傷治癒センターとは
  3. 傷の悩み 無料相談
  4. 創傷治癒よくあるご質問

傷についてもっと詳しく

  1. 傷跡を消す
  2. 褥瘡(床ずれ)
  3. 湿潤創傷治療
  4. 下腿潰瘍
  5. スカーレスヒーリング
  6. 皮膚の再生医学
  7. ストーマケア

医療機関のご案内

創傷治癒に関わる専門の医師がいる医療機関のご案内です。

  1. 塩谷理事長のブログ
  2. 傷の悩み 無料相談
  3. 医療機関のご案内

医療関係者向け情報・相談コーナー Web会員限定の製品情報や相談閲覧にはパスワードが必要です。

  1. リンク
  2. 施設紹介

ページトップへ