傷の悩み 無料相談

創傷治癒よくある質問

  1. 治療中や手術後の気になる状態
  1. 腕・手・指
Q1 相談者 ニックネーム:こば 患者様(相談対象者) 年齢:50代後半 性別:女性

2022年8月右手中指亀裂骨折後にバネ指発症、2回注射治療したものの痛み等完全にはとれず経過観察。同年12月右手薬指亀裂骨折及び靭帯損傷後バネ指発症、同じく2回注射治療したが痛みと稼働困難とれず。治療中中指バネ指悪化、付け根にガングリオン見つかる。同時に中指、薬指、小指の伸筋腱脱臼併発。脱臼に関しては痛みなく支障があまり無い為手術はせず経過観察。2023年7月中指ガングリオン除去手術、薬指バネ指手術。術後3ヶ月程は腫れと痛み、指の曲げ伸ばしの困難があったが徐々に回復。時折手を使いすぎると腫れが出たが痛み等はなく1日程度で治まる。その後日常生活に何も支障がなかったが、2024年5月初め頃より少しの腫れと鈍痛(特に中指)が続いている。曲げ伸ばしは今のところひっかかりはない。術後の後遺症なのか?バネ指再発なのか?それとも脱臼からくる痛みなのか?教えて下さい。

A1 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
申し訳ありませんが、頂いた情報だけでは「少しの腫れと鈍痛(特に中指)が続いている」原因を推測することは出来ません。
一旦「日常生活に何も支障が」ないくらいまで回復しているのですから、「2024年5月初め頃より少しの腫れと鈍痛(特に中指)が続いている」のは「術後の後遺症」ではないでしょう。
「バネ指」は屈筋腱あるいは腱鞘の肥厚によって生じます。
3本の指の同時腱脱臼なら、強い外力や繰り返しの負荷があったのでしょう。
「バネ指」も「脱臼」も原因ではなく結果なので、それらの症状を引き起こす原因や基礎疾患が無いか手外科を標榜する整形外科で精査してください。
Q2 相談者 ニックネーム:寝坊して焦ってしまった人 患者様(相談対象者) 年齢:40代前半 性別:女性

先日自宅のシャッターを開ける際、手が滑り手根部をに裂けるような切り傷を負いました。
シャッターが錆びていたため、すぐに病院に行き処置をしてもらったのですが、
最初に流水で流す際に皮膚をきちんともとの位置にできず、病院は整形外科にかかったためあまりきちんと処置してもらえなかったのか、一部えぐれたような傷の部分で上皮のない部分ができてしまっています。(パズルのように上皮をきちんとくっつけられず、隙間のように空いている部分がある)ほかの部分の皮膚の下にその部分の上皮が挟まってくっついてしまっているので、これを流血してでもはがして元の位置に戻すほうが直りが早いのか?また、跡が残らないのか?など考えています。

A2 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
申し訳ありませんが、診察をしなければ明確なアドバイスは出来ません。
頂いた情報だけで判断すると、そのまま上皮化を完了させ、瘢痕が残った際に瘢痕の修正を検討した方がよいのではないかと考えます。
直ちに形成外科を受診してご相談なさってください。
Q3 相談者 ニックネーム:くりりん 患者様(相談対象者) 年齢:60代前半 性別:男性

ゴミ収集中ゴミ収集車の回転盤に右手甲が捲かれ皮膚が損傷。右手背デグロービング損傷にて、縫合手術を受けた。2週間後に抜糸。約1カ月後に治療終了と言われ通院終了。その後2週間近くたつけど、手、指の腫れと痛みがあり、指がうまく動かなくグーができない状態で、まだ仕事に復帰できません。このまま痛みや腫れがひくのを待つしかないのでしょうか?指が動くようにリハビリ的なことをしているけど、なかなか動くようになりません。

A3 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
「治療終了と言われ」たなら腱や神経の損傷は無かったのでしょうから、「痛みや腫れがひくのを待つしかない」のですが、手指を動かすリハビリをなさった方がよいでしょうし、リハビリの仕方を指導して貰った方がよいと考えます。
手外科を標榜する整形外科でご相談なさってください。
Q4 相談者 ニックネーム:M 患者様(相談対象者) 年齢:20代前半 性別:女性

左手、中指・薬指・小指の第二関節に膨らみがあります。(見た目はブシャール結節)
痛みや動かしにくさなどは全くありません。
地元の整形外科さんにてレントゲンをとってもらいましたが、骨の変形などはとくにみられませんでした。
生まれつきかは分かりませんが、15歳のときには既にそうなっていたと思います。
見た目にすごく悩んでいるのですが、改善策などはないのでしょうか?

A4 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
片側性、局所的であることから、遺伝子異常は否定的ではないでしょうか。
原因は過去の外傷や習慣性刺激の可能性が高いと考えます。
骨の変形などはとくにみられなかったということですが、右手指との左右差も無かったということでしょうか(左右の比較が重要です)。
15歳以前あるいは15歳ころに左手だけで重いものを持つ習慣が無かったか、同部位を擦るような動作を繰り返すことが無かったかを思い返してみてください。
ご報告通り指骨の変形も左右差も無く、関節面の異常も無いなら、動かしにくさは生じません。
骨の変形が無くPIP関節付近の軟部組織が肥厚しているだけなら、ステロイド剤の注射や軟部組織切除の適応があるかもしれません。
申し訳ありませんが、診察や検査をしなければ詳細が把握できないため、具体的な診断も治療法の提案も出来ません。
形成外科を受診してご相談なさってください。
Q5 相談者 ニックネーム:tm 患者様(相談対象者) 年齢:20代前半 性別:女性

仕事中、カッターで手首を切ってしまい、一針塗ったのですが、3日くらいしてから時々、小指が痺れます。
抜糸は4日後なんですが、すぐに病院に行った方がいいですか?

A5 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
切創による神経切断があれば、受傷時点から症状が発症するのが通常です。
すなわち、外傷の場合、受傷から「3日くらいしてから」神経症状が出ることは一般的ではないのですが、数日してから症状が出始めることもあります。
また、外傷の神経損傷ではなく、「手首」の創処置で知覚神経を圧迫しているのかもしれません。
頂いた情報だけでは切創の部位も深さも把握できませんし、「時々」の頻度もどんな時にどの程度の「痺れ」があるのかも把握できないため、原因の推測も困難です。
「4日後」の「抜糸」の際に担当医にご相談ください。
Q6 相談者 ニックネーム:心配性 患者様(相談対象者) 年齢:50代前半 性別:女性

1か月半前に右手小指の第一関節を剥離骨折しました。第二関節を曲げた形で数週間固定し、固定を外したところ第一関節と第二関節が曲がらなくなっていました。第一関節は全く動かず、第二関節は多少曲がりますが痛みがまだあり、拘縮しているようです。医師からは痛くてもどんどん動かすように言われましたが、曲がらないかもねと言われてしまいました。リハビリは週に一度、あとは自分でとにかく動かすように言われましたが、固定を外して4日目、第一関節、第二関節とも外した時の角度以上には曲がる様子がありません。曲がらないかもね、というのはこのまま一生固まったまま曲がらないかも、という意味でしょうか。

A6 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
「第二関節」を動かす浅指屈筋腱の損傷は無いはずですから、「第二関節が曲がらなくなって」いるのは「第二関節を曲げた形で数週間固定」していたための一時的な症状です。
「右手小指の第一関節を剥離骨折」して「第二関節を曲げた形で数週間固定」しても、「一生固まったまま」「第一関節と第二関節が曲がらなく」なることはありません。
「曲がらないかもねと言われ」たのは、今すぐに曲げることは出来ないはずですがリハビリをしていただければ曲がるようになりますという意味と推測します。
「医師からは痛くてもどんどん動かすように言われ」ているのですから、骨折片の骨癒合は完了しているので、指示通り「自分でとにかく動かすように」していただくとよいでしょう。

「右小指」深指屈筋腱付着部の関節内「剥離骨折」と推測します。
「第一関節、第二関節とも」他動的に動かそうとしても可動域制限があるのか、他動的な可動域制限はなく自身で伸展は出来るが屈曲に制限があるのか、自身では伸展も屈曲も出来ないのか、また、どの部位にどの動作のときに「痛みがまだ」あるのか等々、頂いた情報だけでは詳細が把握できません。
今回ご相談いただいた不安な点は、担当の「医師」や「リハビリ」を受け持つ理学療法士にお尋ねになれば、明確な回答があるはずです。
理学療法士にご確認いただけば、自宅での「リハビリ」方法も具体的にアドバイスしてくれるでしょう。
Q7 相談者 ニックネーム:WB 患者様(相談対象者) 年齢:50代後半 性別:女性

3週間前夕方に道路で転んで手の中指第2関節付近を深くギザギザに切り、1日傷パワーパッドで自己治療後、整形外科受診。2針縫い、3週間後に抜糸しました。
しかし、怪我した当時から赤く腫れて、関節の皺もなかった第2関節の左半分が、現在も受傷時と同じ状況で、曲がる角度も受傷時と変わらず、本来の半分くらいしか曲がりません。第2関節が完全には曲がらないので、第1関節も同様です。更に中指の根元は受傷時から赤く変色したまま、今も変わりません。
現在中指第2関節が第2関節の指の背側の左半分が腫れていて皺がなく、通常の半分程度しか曲がらないこと、腫れた部分に何か触れると声が出るような痛みで、ブラウスをズボンに入れるにも激痛で困るような状態です。
抜糸で治療は終了し、手外科への紹介状を頼んだのですが断られました。これから完全に元に戻るのかの質問にも答えて頂けず、不安です。職業的に手で重いものを持つことがあり、それが現在は難しい状態です。
これはよくあることで放っておいてよいのか、手外科にかかる方がよいのか(いつ頃)、自分でのリハビリはどうすればよいのか、アドバイス頂きたいです。

A7 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
「腫れた部分に何か触れると声が出るような痛み」があるなら、断端神経腫あるいは皮下膿瘍の可能性を完全に否定することはできません。
受傷時に皮下出血や感染などがあったなら、まだ「3週間」しか経過していないので浮腫みが残っていてもおかしくはない時期ですが、それが原因なら日々症状は軽減するのが通常です。
おかかりになった「整形外科」で特に指摘が無かったのですから一般的な打撲と皮膚挫創だけなのでしょうが、通常の生活に戻れるまでしっかりと経過を診てもらうために、形成外科あるいは手外科を受診してみることをお勧めします。
Q8 相談者 ニックネーム:カツト 患者様(相談対象者) 年齢:50代前半 性別:男性

交通事故で、右手の小指のさせつ骨(第三関節から10mm程の所)を骨折して、手外科の病院に行って、薬指側に少し傾いていた為、整復して骨折部分が完全にくっ付いた後に、指を真っ直ぐにしても、第二関節が少し曲がっていたので、レントゲンを撮ったら手の甲側に少し曲がって着いた事が分かり、腱が引っ張られています、重いものが持てないなど、説明され、手術をするなら、折れた所を元に戻すのはナンセンスです、少しづれた所をプレートを入れてなど、他の所からアプローチして、指を真っ直ぐに伸ばした時に、第二関節が、真っ直ぐ見える様には、手術出来るが、骨折した所はそのままだから、後遺症が、残ると言われました。手外科の先生が言われる事だからそれしか方法が無いと思うのですが、諦め切れず、他にも方法などがあれば教えて頂きたいのですが。

A8 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
小指基節骨骨折の変形治癒で、浅指屈筋腱の距離が相対的に足りなくなったためPIP関節の伸展制限が生じているということでしょう。
腱損傷が無いのですから、骨切りして基節骨の変形を修正する手術で関節面の整合性が得られれば、右手の機能障害は残らない可能性があります。
申し訳ありませんが、頂いた情報だけでは詳細が把握できないので、具体的な治療法を提案できません。
画像診断と臨床症状を総合的に評価して治療方針を検討するため、他の手外科でも意見をお訊きになってみてはいかがでしょう。
Q9 相談者 ニックネーム:ぼん 患者様(相談対象者) 年齢:50代前半 性別:女性

右手人差し指の爪の生え際にガングリオンが有り、摘出手術をしました。3針程縫合してあり、2週間後、抜糸予定です。
薄めのガーゼが付いたパットで保護していますが、毎日少し血が滲んでます。(入浴後にパットを交換してます)
傷の辺りも腫れてます。
血が滲むのは大丈夫なのか心配なのですが、抜糸まで様子見でよろしいでしょうか?

A9 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
一般的に、術後「血が滲む」程度なら問題ありません。
ただし、個々の症例で詳細は異なるのですから、出血や腫れなど説明されていない症状が術後に見られた場合は、手術を担当した医師の想定外のことが起きているのかもしれないのですから、常に万一のことを考えて、手術をしてもらった病院にお問い合わせなさってください。
Q10 相談者 ニックネーム:HIRO 患者様(相談対象者) 年齢:40代後半 性別:女性

2週間ほど前に動脈(皮)弁術手術をしていただきました(人差し指の第一間接から上)
現在、爪以外の所は抜糸していただき1日1回手洗いをして軟膏を塗っていますが皮膚が白くなり剥けてきています。皮膚が剥けて新しい皮膚になるのでしょうか?

A10 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
古くなった角質が落ちています。
指示通りにして経過を診ていただいて構わないと考えますが、術後の経過で不安な点は手術をしてもらった病院にお問い合わせになってください。

治療中や手術後の気になる状態 一覧に戻る

  • 創傷ケア褥瘡の知識
  • 創傷ケア褥瘡の知識
  • 創傷ケア褥瘡の知識
  • 創傷ケア褥瘡の知識
  • 創傷ケア
  • 褥瘡の知識
  • 創傷ケア
  • 褥瘡の知識

side

ページトップに戻る

ページトップに戻る