傷の悩み 無料相談

創傷治癒よくある質問

  1. 昔の傷や治療後年数の経った傷の気になる状態
  1. 下肢
Q81 相談者 ニックネーム:めい 患者様(相談対象者) 年齢:20代前半 性別:女性

私は昔右の脚の付け根に傷を負いました。
その時の傷が体の成長と共に伸びずに、傷を負った時のままの大きさなのは何故ですか?

A81 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
「傷」(傷跡)は、正常な皮膚組織の欠損部を瘢痕組織が埋めたものです。
瘢痕組織は「体の成長と共に」成長することはないので「伸びずに、傷を負った時のままの大きさ」なのです。
Q82 相談者 ニックネーム:無記入 患者様(相談対象者) 年齢:無記入 性別:無記入

3年前の2月に砂利道で膝を擦りむいたのですが、その傷の箇所に小豆位の大きさの盛り上がりが出来ています。
怪我をした時が夜ということもあり、キズパワーパットにて応急しました。
傷みもなく、存在自体を忘れていましたが、最近になり膝の屈伸や盛り上がりを触ると痛みがあります。
一度、病院を受診すべきでしょうか。

A82 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
肥厚性瘢痕です。

何もせず放置しても、更に数年の経過のうちに平坦になり目立たなくなるのが一般的です。
ぶつけたか何かで痛みが生じたところを毎日の様に触るので、「膝の屈伸や盛り上がりを触ると痛み」を感じるのではないでしょうか。

必ずしも直ちに専門医の診察が必要とは考えませんが、今後「盛り上がり」が大きくなるようであったり広がったりするようなら形成外科を受診してください。
Q83 相談者 ニックネーム:ゆっぴい 患者様(相談対象者) 年齢:80代 性別:男性

80代の父ですが、10年前に耕運機に足を取られ大きく切ってしまいました。
外科医に縫合してもらいましたが、その傷がまだ時々化膿し、発熱したりします。
医者に行くと抗生物質で治療されますが、繰り返し発症します。
完治治療はないのでしょうか?

A83 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
「時々」がどれくらいの頻度かということも大切な情報なのですが、比較的頻繁に「化膿し、発熱したり」するならば、皮下に膿瘍や感染創が潜んでいる可能性があります。

診察をしていないので具体的なアドバイスが出来ませんが、形成外科を受診して相談すれば根本的な治療法を提案してもらえるはずです。

形成外科が自宅のそばにない場合は、受診の際に通院が困難なことをお伝えになって、自宅でできるケア、近医でできる治療、専門病院(形成外科)でしなければいけない治療と分けて治療方針を検討して頂くとよいでしょう。
Q84 相談者 ニックネーム:りんごちゃん 患者様(相談対象者) 年齢:60代後半 性別:男性

父が、10年以上前に仕事で怪我をして、アキレス腱損傷と皮膚がえぐれてしまい、太ももから皮膚移植をしました。
傷あとがいまだに乾燥してしまい、靴を履くと擦れて切れてしまうそうです。
後、長く休んでいて歩き出す一歩目がどうしても痛いようで。
何か、キレイに治す方法はありませんでしょうか??
大きなケガだったので、痛みはしょうがないのでしょうか?

A84 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
「長く休んでいて歩き出す一歩目がどうしても痛い」のは、アキレス腱が短縮しているためならばアキレス腱延長手術が必要です。
また、「太ももから皮膚移植」をしているので分層植皮でしょうから、瘢痕は硬くなるでしょうし、汗腺・脂腺もないので乾燥は必発です。
アキレス腱部分の瘢痕が硬いあるいは「乾燥して」いるために「長く休んでいて歩き出す一歩目がどうしても痛い」ならば、瘢痕の保湿と軟らかくするための自己ケアが中心になります。

市販されているハンドクリームなどでもよいのですが、尿素クリームやヘパリンクリーム、ヒアルロン酸クリーム、コラーゲンクリームをお使いになるとよいでしょうし、必要に応じてステロイドホルモンクリームを使う必要もあります。

根本的な治療として、分層植皮の瘢痕を全層植皮に置き換える手術が可能です。
これからの生活のしやすさを考えれば、手術をした方がよいのではないでしょうか。
詳細は、形成外科を受診してご相談いただくことをお勧めします。
Q85 相談者 ニックネーム:タコポン 患者様(相談対象者) 年齢:30代後半 性別:女性

10年ほど前に自宅ガラス扉に足をぶつけてしまい、ガラスが割れて刺さり12針縫う怪我をしました。
年をとるにつれ体重を支える足に負担が来て、傷が痛く。赤くなりひきつれが、こわいです。鍼を打ってもらい神経のくっつきが、よくなったのですが、傷は雨の日などは痛く、今後このようなことがないよう、したいです。

A85 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
瘢痕拘縮により引き攣れが起きているのでしょう。
拘縮解除のために、瘢痕形成術と皮弁術を組み合わせれば、痛みは無くなるでしょう。
形成外科を受診すれば相談にのって貰えます。
Q86 相談者 ニックネーム:mwk 患者様(相談対象者) 年齢:40代前半 性別:女性

15年以上前から膝裏にコブのような膨らみを感じ、押すとふくらはぎ辺りに電気が走る痛みを生じていました。
何軒か病院にかかりましたが、ハッキリせず、約1週間前に入院設備のある整形外科にて神経鞘腫だろうとの診断を受けました。
6.5㎝×4㎝の腫瘍な為、手術を行い、半分以上は摘出したそうです。
現在、術後1週間で傷も渇き、退院しても大丈夫とのことですが、膝を真っ直ぐにして立てず、歩行時に、ふくらはぎ、膝裏の中がツキンツキンと痛み、定期的に圧迫される痛みがあり全体的にツッパリを感じます。
膝裏やふくらはぎは皮膚の感覚も少し鈍くなっています。
このまま今までのように、歩いたり走ったりができるのか不安です。
傷もボコボコと縦にうねりながら20㎝ほどあります。
この傷がどんな形状や色になり、歩行時の痛みやツッパリはどの位の期間で改善されていくのか教えてください。

A86 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
現在の痛みやツッパリは瘢痕によるものではありません。
神経鞘腫の手術で、神経に触れたためと安静期間に筋力の低下と膝関節の可動域制限が起きたためです。
その症状に関しては、術中所見と術後経過を知る整形外科の主治医にお尋ねください。
瘢痕は一般的に3ヵ月までは赤く硬くなり、6カ月に向けて症状が軽減、それ以降は年単位で徐々に改善します。
Q87 相談者 ニックネーム:まま 患者様(相談対象者) 年齢:70代前半 性別:女性

4年前両足モ-トン病の手術をしましたが、それ以来痛みとしびれがとれません。手術した先生はしょうがないといわれました。
最近では下半身もしびれだし身体中に痛みがでてきました。いろいろしましたが、改善されません。
さわると手術跡がコリコリしています。

A87 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
モートン病の手術は神経腫の切除なので、手術が上手くいっても知覚鈍麻の後遺症が残ることがありますが、メールを見る限りそういうことではないようです。
「痛みとしびれ」が継続しているので、手術後に神経断端腫が出来た可能性を否定できませんが、両側で同じように神経断端腫が形成されることは極めて考えにくい状況です。
また、術後の神経断端腫ならば、「最近では下半身もしびれだし身体中に痛みがでてきました」という症状の説明がつきません。
下肢の麻酔によって「痛みとしびれ」が消失すれば、神経に由来する痛みでしょうし、あまり変わらないようなら心因性の影響が痛みの原因になっていると考えられます。

痛みの原因によって有効な内服薬、治療法は違うので、一度、ペインクリニックでご相談になってはいかがでしょう。
Q88 相談者 ニックネーム:ママ 患者様(相談対象者) 年齢:70代前半 性別:女性

モートン病の手術を両足しましたが、それ以来痛みとしびれがとれません。
3年前です。
断端神経腫ができてるかもしれないといわれ再手術を勧められています。
さわると瘢痕があって歩くたびにあたって痛いようにおもいます。
何とか改善の余地はありますか?

A88 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
「痛みとしびれ」は「歩くたび」にあるのでしょうか、安静時にもあるのでしょうか。
「さわると瘢痕があって」というのは、手術瘢痕なのでしょうか、表皮が肥厚してしこりとして触れているのでしょうか、
それとも「神経断端腫ができて」皮下に腫瘍を触れるのでしょうか。
あまり歩行しない場合は足底が軟らかくなって、多少の瘢痕ですら「歩くたびにあたって痛いように」感じてしまうこともあります。

「モートン病の手術」は、神経剥離、神経腫摘出、深横中足靱帯の切離などを行います。
「神経断端腫ができている」場合は、神経の断端部を押さえると非常に痛く,そこに一致して塊りを触れますが、術後の両足に同一症状が出現することは考えにくいものです。
何もしなくても痛いならば、幻視痛という可能性もあります。
「神経断端腫」はレントゲンでは骨に異常はありませんが、MRIで腫瘍を確認できることもあります。
放置して症状が改善することはないので、手術を検討することになりますが、手術法はひとつではありません。
いずれの手術法でも痛みは軽減するか消失するので、担当医によく説明してもらい、納得したうえで手術を受けてください。
診察をしていないので、具体的なアドバイスができないことをお許しください。
Q89 相談者 ニックネーム:  患者様(相談対象者) 年齢:20代後半 性別:女性

私は10年前の10月に交通事故で左足首(外側)を骨折しました。その後整形外科でボルトとプレートを入れる手術をして翌年12月そのボルトとプレートを取る手術をしました。
その後数ヶ月通院して術後良好でしたので通院は終了しました。

ですがもう10年前になりますが今も傷口はうずきますし、傷口の一部は感覚がないです。
歩くのや走るのに不自由はないですが、もう手術したのは何年も前なのに感覚がないのは不安です。
このままほうっておいて良いのでしょうか?

A89 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
傷跡(瘢痕)は、正常な皮膚組織ではなく、膠原繊維と結合組織が皮膚の欠損部を埋めて成り立っています。
したがって、元々の知覚神経ネットワークは瘢痕組織の中に存在ぜず、
瘢痕が厚かったり広範囲であったりした場合は、「傷口の一部は感覚がない」という状態になります。

時間が経過しても瘢痕組織が正常な皮膚組織に置き換わることはないので、今後も知覚が元に戻ることはありません。

また「傷口はうずきます」という表現が知覚過敏のことならば、外傷あるいは手術で切断された皮神経が少しずつ伸びてきているのかもしれません。

指先で軽く瘢痕を叩いてみて痛みが強く響くようでなければ、「このままほうっておいて」も問題はありません。
Q90 相談者 ニックネーム:mikarin 患者様(相談対象者) 年齢:10代後半 性別:女性

現在16歳の娘の事で相談させてください。10歳の時に転倒して足のすねに怪我をしました。消毒し出血が治まるまで絆創膏を貼って処置をしましたが、すぐにかさぶたになって治るだろうとしばらく皮膚科へは行きませんせした。それから皮膚がじゅくじゅくしてなかなか治らなかったので、皮膚科に行きました。
そのうち赤く盛り上がり、なかなか治らないので、近くの皮膚科を転々としました。
ケロイド、瘢痕性皮膚疾患、など診断されて、あらゆる塗り薬、リザベンも飲みましたが全く変化なしです。現在はどこにも通っていません。
現在でも赤くなったり、白く粉をふいて乾燥した状態です。範囲は5センチ四方位で目立ちます。プロペトやヒルドイトで乾燥を和らいでいる程度です。日光にも当たらないようにサポーターをつけています。
なにか再生手術などしなければならないのなら、年齢的にはどうでしょうか。

A90 回答者:脇坂長興 (創傷治癒センター理事)
肥厚性瘢痕でしょうが、ちょうど成長期と重なり、症状が治まるのに時間がかかっているものと考えます。特に治療をせずに経過を待って頂いても、20歳代半ばには瘢痕にかかる緊張が和らぎ、色味も薄くなり、多少目立たなくなるのではないでしょうか。

肥厚性瘢痕の治療として、保湿剤、圧迫、シリコンジェルシート、トラニラスト内服、ステロイドテープ、ステロイド局所注射、レーザー、切除縫縮・皮弁・植皮、電子線照射などがあります。
治療をいつするかの検討は別にして、直ちに形成外科を受診して相談をなさるとよいでしょう。
治療の時期はいつでも構わないのですが、待てるならば皮膚の緊張が和らぐ20歳代までお待ちになってもよいかもしれません。

昔の傷や治療後年数の経った傷の気になる状態 一覧に戻る

  • 創傷ケア褥瘡の知識
  • 創傷ケア褥瘡の知識
  • 創傷ケア褥瘡の知識
  • 創傷ケア褥瘡の知識
  • 創傷ケア
  • 褥瘡の知識
  • 創傷ケア
  • 褥瘡の知識

side

ページトップに戻る

ページトップに戻る