傷と治療の知識

傷についてもっと詳しく

  1. 治療用具・材料

レーザー

パルス幅(照射時間)による適応の拡大

パルス幅(照射時間)とはその名のとおり、レーザーを照射する時間です。レーザーの照射時間を適切に選択することで、ターゲットとする組織を選択的に治療できるようになりました。

その中でもQスイッチレーザーの登場は非常に画期的なものでした。Qスイッチというのはレーザーを10億分の1秒単位で コントロールし発光するメカニズムです。レーザーの照射時間を非常に短くすることにより、周囲組織へのダメージを最小限に抑え、以上組織のみを破壊することができます。結果として、黒・青・茶色のメラニン起因のアザや色素沈着が傷跡を残すことなく治療可能になったのです。(Q-スイッチ機能の付いていないものは、一般に「ノーマルパルス」と呼ばれます。 “ノーマルパルス・ルビーレーザー”等。) 

また、近年増えつつあるロングパルスレーザーとは、Qスイッチの逆で、ノーマルパルスよりも更に長いパルス幅のことをいいます。パルス幅を長くしたことで可能になった治療の代表的なものは、おなじみの脱毛レーザーです。毛の再生・発育にかかわるといわれている組織(毛包周囲組織)にはメラニンがほとんど含まれておらず、この部分のみを選択的にダメージさせることは波長特性のみを用いた場合不可能です。しかし、パルス幅を長く(ロングパルス)することで、いったん毛にレーザーエネルギーを吸収させ、毛からの放熱により毛包周囲組織ごとダメージさせることができます。一般的に1回のレーザー脱毛で100%の毛を脱毛することは困難ですが、数回の治療をかさねることで、自己処理が必要ないくらいまで毛を減らすことができるとされています。 また、パルス幅が長くなることで(表皮の熱緩和時間以上)、表皮を温存できる(ダメージさせない)ため、レーザー照射部位をガーゼやバンソウコウで覆う必要もありません。

このように、治療する対象によって波長やパルス幅を使い分けることで、ターゲットのみを選択的に、しかも安全に治療できるようになりました。

  1. トップページ
  2. 創傷治癒センターとは
  3. 傷の悩み 無料相談
  4. 創傷治癒よくあるご質問
  5. WHC chnnel 動画解説

傷についてもっと詳しく

  1. 傷跡を消す
  2. 褥瘡(床ずれ)
  3. 湿潤創傷治療
  4. 下腿潰瘍
  5. スカーレスヒーリング
  6. 皮膚の再生医学
  7. ストーマケア

医療機関のご案内

創傷治癒に関わる専門の医師がいる医療機関のご案内です。

医療関係者向け情報・相談コーナー Web会員限定の製品情報や相談閲覧にはパスワードが必要です。

  1. リンク
  2. 施設紹介

ページトップへ